2020年12月13日日曜日

【1-50】うんちく、豆知識の秘密倉庫

KUSUMOTOエンタメ版に戻る

49【モーツアルト】 モーツァルトは実質はドイツ人、ナポレオンはイタリア人

48【シンデレラ】 童話「シンデレラ」は日本語に訳すと、、、「灰かぶり姫」。

47 今の所、欠番

46【トイストーリー】 映画「トイ・ストーリー」関連

45【太平洋】 太平洋とは、平和な海という意味。

44【ピカソ】 画家ピカソは、生涯に油絵と素描だけでも1万点以上描いている。

43【エジソン】 エジソンは、扇子から切り出した竹をフィラメントに使用して実用的な電球を完成させた。

42【戦闘機】 自衛隊の主力戦闘機F-15Jは、最大推力で1分間飛行すると燃料代が6000円、推力50%とすると約3000円かかる。

41【中国皇帝】 中国最後の王朝 清王朝の最後の皇帝 愛新覚羅・溥儀が皇帝だったのは、たったの3年。

40【映画】 映画「ターミネーター」の製作準備段階で、アーノルド・シュワルツェネッガーは「セリフが少ない」といってターミネーター役での出演を断っていた。

39【笑うセールスマン】 漫画『笑ゥせぇるすまん』の主役 喪黒福造(もぐろ ふくぞう)のモデルは大橋巨泉。

38【サメ】 サメは口から胃袋を出して裏返し、消化できない食べ物を吐き出す。

37【クジラ】 おおまかにいうと4m以下のクジラはイルカと呼び、それ以上はクジラと呼ぶ。

36【ブラックバード】 SR-71ブラックバードは、いつも燃料を漏らしながら飛んでいた。

35【企業の名前】 企業の名前の由来。

34【モルモット】 日本でモルモットと呼んでいる動物について。

33【坂本竜馬】 坂本竜馬が暗○殺された現場。

32【トリビア】 ねえ、知ってる?、、カメレオンは強いショックを受けると真っ白になるんだって。。。

30【アインシュタイン】 有名なアルバート・アインシュタインさんは、、

29【月面着陸】 歴史上、これまでに月の上を歩いた人は12人、月まで行った人は24人。

28【ゴリラ】 ゴリラは、、、、、哺乳類サル目ヒト科の動物。

27【三葉虫】 三葉虫は、、、、、頭の部分に内臓があり、歳をとるほど体の節が多くなる。

26【マイケル・ジャクソン】 マイケル・ジャクソンの直筆サイン(証明書付き)を大人買い。

24【空母】 米国空母に戦闘機が着艦する時は車輪よりも先に着艦フックが接地して機体を強制的に飛行甲板にたたきつけて止める。

23【ディズニー】 ミッキーマウスをデザインしたのは、ウオルト・ディズニー氏ではなく、アニメーターのアブ・アイワークス(Ub lwerks)さん。

22【チェブラーシカ】 ロシアで昔から人気のキャラクター 「チェブラーシカ」

21【忠臣蔵】 忠臣蔵事件で討ち入りの現場となった吉良邸の場所。

20【スペースシャトル】 アメリカ製ではない、もうひとつのスペースシャトル「ブラン」

19【エジソン】 歴史上の偉大な科学者は「結果として」有名になった。(エジソン、ニュートン、ダビンチ、ダーウィン、アインシュタイン)

18【有名人の身長】 有名人の身長

17【ハイジ】 アルプスの少女ハイジの本名は、アーデルハイド

16【飛行機 技術】 最近のエアバス社の旅客機は、コックピットに操縦桿はない。

13【タージマハル】 インド タージ・マハル>

12【戦艦大和 】 戦艦大和が現役だったのはたった4年。戦艦【武蔵】はたった2年。

11【マンガ主人公の年齢】 著名な漫画の主人公の年齢>

10【織田信長】 織田信長

9【パンダ】 パンダ(ジャイアント・パンダ)

8【三蔵法師】 三蔵法師、西遊記、大仏ロード

7【クレオパオラ】 クレオパトラ Kleopatra (紀元前69-30)

6【メガロドン】 メガロドン (昔存在した、クジラより大きいサメ)

5【ヒミコ】 ヒミコ、ヤマタイ国

4【宇宙】 スペースシャトル

3【スペースシャトル】 スペースシャトルの名前、建造の経緯

1-1【飛行機】 飛行機の値段

2【エアフォースワン】 米国大統領専用機「エアフォースワン」

1【映画のタイトル】 映画のタイトルの意味

------------------------------------------------------------

49●モーツァルトは実質はドイツ人、ナポレオンはイタリア人

モーツァルト>西暦1756年に生まれたモーツァルトは、ザルツブルグ(現在はオーストリア国)に生まれたが、当時はドイツ、オーストリアという国は存在せず、「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」という国で生まれた。よって話す言葉はドイツ語、活躍した都市ウィーンもドイツ語圏で、当時は音楽といえばイタリア勢力が台頭していたので、それに対抗してドイツ語で作曲活動をしていたそう。

 ちなみに、彼の名前 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのアマデウス(アカデミー賞 映画「アマデウス」の元になった)は、アマ(愛する、愛される)+デウス(神)で、「神に愛されし者」という意味で、英語のアマチュアは「(プロに対しての)素人」ではなく、「愛好者」という意味が正しいらしい。当時は葬儀の簡素化にともない庶民は共同墓地の墓穴に遺体が投げ込まれるだけだったので、現在では、どれがモーツァルトの遺骨かを判別するのは実質不可能になっている。

ナポレオン>フランスの皇帝にまで出世したボナパルト・ナポレオン(西暦1769年生まれ)は、生粋のフランス人と思われがちだが、生まれ育ちはイタリア人に近かったそう。生まれは、イタリア沖のコルシカ島南部アジャクショで、当時はフランス領になりたてであり、それ以前は、イタリア・ジェノバ共和国の領地だったので、母国語はイタリア語。フランス語の読み書きは青年時代まで不自由だったそう。


48●童話「シンデレラ」は日本語に訳すと、、、「灰かぶり姫」。

 シンデレラは英語では、Cinderellaと書き、英語 cinderは「燃え殻」「灰」を意味しているので、日本語では灰かぶり姫」となる。ここでいう灰は、シンデレラの時代は薪を燃やして炊事していたので、いじめられて食事の世話をさせられていたシンデレラは「いつも灰をかぶっていた」という意味である。

 ちなみに、シンデレラ物語の原型は古代エジプト(クフ王のピラミッドの時代)にあると言われており、美しい女奴隷ロードピスが川で洗濯中に、ハヤブサが獲物と間違えて毛皮のサンダルを持っていってしまい、ハヤブサ(=古代エジプトではホルス神そのもの)が、そのサンダルをメンカウラー王(ギザの三大ピラミッド(クフ王、カフラー王、メンカフラー王)で一番小さいピラミッドを建造した王)の目の前に偶然落としたことから、神様からの啓示としてシンデレラストーリーが始まったとされる。毛皮はフランス語でvarieであり、この物語を翻訳した人がガラスを意味するverreと間違えたのが「ガラスの靴」の由来らしい。


○伝説の義賊 ロビンフットは、、、、「頭巾をかぶったロビン」という意味。

 ロビン・フッド (Robin Hood) は、中世イングランドの伝説上の義賊で、フットは苗字ではなく、hoodは英語で「覆い」「頭巾」を意味しており、映像で見るとロビンフットは必ず頭巾を被っている。ロビンはコマドリ(鳥の名前)の英語名で、米コミックの「バットマン」の相棒がロビンという名前。映画「バットマン&ロビン」もあるし。ちなみに「赤ずきん」ちゃんは英語ではLittle Red Riding Hoodという。


○童話「ハーメルンの笛吹き男」は、、、、、西暦1284年6月26日に起こった本当の出来事がモデル。

 子供達が少年十字軍として出征した、人口が多くなりすぎて村を捨てて移住した、長男以外は農業奴隷としての運命が待っていたので移住した、人身売買の笛吹き男に売られた等々の諸説あるようだが、実際に当時の人口2000人ほどのハーメルン村から130人ほどの子供(若者達)がいなくなった、とういうか笛吹き男に従って出て行ったのは事実であるらしい。中世は、幼児の死亡率が高く、子供の3割ぐらいしか成人しなかったので、これは相当ショックな出来事だったみたい。


47●欠番


46●映画 「トイ・ストーリー」関連

 ○映画「トイ・ストーリー3」には、映画「となりのトトロ」のトトロが動くぬいぐるみで登場している。○トイ・ストーリーの主人公の一人、「バズ・ライトイヤー」のモデルは、歴史上2番目に月面着陸したアポロ11号の「エドウィン・”バズ”・オルドリン」宇宙飛行士。○バズ・ライトイヤーの人形は、2008年5月に打ち上げたスペースシャトル・ディスカバリーに載せられて、国際宇宙ステーションに運ばれて、本物の宇宙飛行士になった。


45●太平洋とは、平和な海という意味。

 太平洋とは、太平=平和、温和な海という意味。英語では、英: Pacific Oceanで、平和な海という意味。探検家マゼランが、世界一周の航海の途上でマゼラン海峡を抜けて太平洋に入った時に、荒れ狂う大西洋と比べたその穏やかさに、「El Mare Pacificum」(訳:平和な海)と表現したことに由来。

 一方、日本語の「大西洋」の由来は諸説あるが、「泰西」に基づくという説が有力。泰西は元々ヨーロッパを指す中国語で、日本においても、戦国時代等の諸文献にその名を見ることができる。「泰」は「大」と同系の語であり、このことから「泰西洋」→「大西洋」となったといわれている。英語名の Atlantic Ocean は、アトラス山脈のそばにある海という意味。


44●画家ピカソは、生涯に油絵と素描だけでも1万点以上描いている。

 画家ピカソの洗礼名は、「パブロ・ディエーゴ・ホセー・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピーン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・マーター・パトリシオ・クリート・ルイス・イ・ピカソ」で名前はパブロ、父方の姓はルイス、母方の姓はピカソで、和風にいうとパブロ・ルイスさんであるが、本人は母方の姓であるピカソを名乗っていた。7歳で美術の先生だった父から美術教育を受け、16才の時に「美術で学校で学ぶものはない」として王立美術学校を中退し、画業に入った。

 生涯に、油絵と素描で13500点、版画で100000点、挿絵で34000点、300点の彫刻と陶器を製作し、最も多作な画家としてギネスブックに載っているそう。ピカソは鳩が好きで、娘に「パロマ=鳩」と名付けたほどで、娘パロマ・ピカソはティファニー社でデザイナーとして働いている。娘も”ピカソ”と名乗っているところに、「ピカソ」ブランドの強さが分かる。


43●エジソンは、扇子から切り出した竹をフィラメントに使用して実用的な電球を完成させた。

 エジソンは当初、電球のフィラメントとして木綿糸を使っていたが、寿命は40時間ほどで電球の普及の妨げとなっていた。そこで、長時間の発光を可能にするために、6000種類以上の材料を試し、扇子を削った竹を用いたら200時間も発光した。その後、世界から1200種類もの竹を集めてテストした所、京都男山の竹から作られたフィラメントが2450時間(1日5時間として490日点灯する)も発光し、その結果、今から130年前に実用に耐える電球が完成した。


42●自衛隊の主力戦闘機F-15Jは、最大推力で1分間飛行すると燃料代が6000円、推力50%とすると約3000円かかる。

 自衛隊の主力戦闘機F-15Jは、最大推力(ミリタリーパワー)で飛行すると1秒間に2.7kgのジェット燃料を消費し、ジェット燃料が1kg=36円程度なので、F-15Jが最大推力で1分間飛行するのに2.7kgx36円x60秒=5832円の燃料代がかかる計算になる。

 F-15Jの機内燃料タンク容量は7836リットル=約6300kgなので、満タンにすると燃料代は約23万円。 満タン状態で最大推力で飛ぶと仮定すると6300/2.7=2300秒/60=39分しか飛べない事になり、空中給油しないで帰ってくることを前提にすると片道20分の範囲、巡航推力50%とすると片道40分までが飛行可能範囲となる。実際には投下燃料タンクも搭載しているのでもっと飛行範囲は大きいだろうが。


41●中国最後の王朝 清王朝の最後の皇帝 愛新覚羅・溥儀(アイシンギョロ・プーイー)が皇帝だったのは、たったの3年。

 映画「ラストエンペラー」で有名な清朝皇帝 溥儀(ふぎ)は西太后(せいたいこう、西太后はあだ名で、正確には、慈禧(じき)皇太后 )の指名によって1908年に3才で皇帝に即位し、6才で辛亥革命によって退位した。当然、6才児が自分で判断できるわけはなく、実際は、西太后の跡を継いだ隆裕皇太后(前皇帝 光緒帝の皇后)が、国の将来を案じて皇帝退位の決断を行ない、始皇帝以来の約3000年にわたる中国の皇帝時代を終わらせた。

 隆裕皇太后は、その一年後に44歳という若さで病気で亡くなった。隆裕皇太后は、西太后の姪として生まれ、文字が読めず(当時は女性は文字を読めない方が普通で、西太后は親が官僚だったので珍しく文字が読めた。)西太后によって皇后に推薦されたが、美人ではなかった、性格が暗かった?ので光緒帝から愛されることもなく、子供もおらず、不遇な人生を送り、「退位後の自分の生活保障と引き換え」に始皇帝以来の皇帝制度を終了させたとして非難もされたが、死後は中国を封建時代から救った人物として評価され、国民葬が行われるほどの人気だった。「私のような不幸な人生を送るのは、これで終わりにしてほしい」という遺言を残している。

 光緒帝(こうしょてい)は西太后の甥であり、西太后の実子である同治帝が19才で早世した後に、西太后に指名されて皇帝に即位した。青年になって中国の近代化を目指し、先祖伝来の体制を守ろうとする西太后へのクーデターを画策したが、事前に計画がばれ、その後は満州族の掟に従い、皇帝でありながら死ぬまで20年近く軟禁され、ついには西太后の死の前日に毒殺された。晩年、自分を仏と自称していた西太后は、光緒帝の人生を哀れんでおり、自分の死期が近いことを知って一緒にあの世に連れて行ってやろうとしたいう説や、光緒帝より先に死んだら、西太后の死後の扱いがひどくなる事を恐れた説、西太后の死期が近いことを悟った側近が光緒帝の復讐を恐れて毒殺したという説もある。

 当時は、「庶民の命は皇帝の物、皇帝は天帝の代理者」という考え方であったので、皇帝に逆らえば「天に送り返す=死を賜る」ということが平気で行われた時代でもあった。最近の調査によると光緒帝の遺体から、ヒ素が検出されたので、毒殺されたことは間違いないらしい。


40●映画「ターミネーター」の製作準備段階で、アーノルド・シュワルツェネッガーは「セリフが少ない」といってターミネーター役での出演を断っていた。

 当初、シュワルツェネッガーは「こんな役やりたくありませんよ。だって台詞がたった28語しかないじゃないですか」と不快感を露わにし、出演を断った。シュワルツェネッガーは、オーストリア出身で英語が下手、発音が下手ということもあって役に恵まれず苦労を重ねていた。しかし、この英語の下手さが、非人間的な感じを出すには饒舌よりも片言で喋る方がいいと考えていたジェームズ・キャメロン監督(タイタニック、アバターも、この人の作品)の目に留まった。

出典>ウィキペディアからほとんど引用


39●漫画『笑ゥせぇるすまん』の主役 喪黒福造(もぐろ ふくぞう)のモデルは大橋巨泉。

 藤子不二雄のアニメ、漫画『笑ゥせぇるすまん』(笑うセールスマン)の主役 喪黒福造(もぐろふくぞう)のモデルは大橋巨泉。喪黒のふてぶてしい容貌はタレントの大橋巨泉からヒントを得ており、作者が大橋氏の友人だったからで本人も認めている。


38●サメは口から胃袋を出して裏返し、消化できない食べ物を吐き出す。

 サメは、軟骨魚に属する魚類のうち、エラが体の側面に開くものの総称で、エラが下面に開く種類はエイと呼ぶ。「サメ」の語源は諸説あるが、その体に対して目が小さい事から、小さい目→小目→サメとされる説がよく知られている。サメは、約4億年前に出現した時は、現在と同じような姿をしており、生きた化石とも言える。

 サメの歯は、何列にも並び、歯が1本でも欠けると、新しい歯列が古い歯列を押し出して、歯列ごと新しいものと交換する。よって、歯列は何回でも生え変わり、1匹のサメが生涯に使う歯の数は最大で数千にのぼると考えられている。また、軟骨魚類であるために、「化石として残るのは歯だけ」というのは有名である。(ただし、植物化石のように奇跡的に外形が残るというのもある) サメは、大きな獲物を飲み込み、消化出来ないと感じたら、口から胃袋を吐き出して裏返し、中身を出すことが知られている。

 ジョーズ(ジョーズは英語でアゴという意味)で知られるホホジロザメは、人工飼育が難しく、世界では人工飼育している水族館は一つもない。母サメは、子宮内で子ザメを育て、ミルクを与えたり、卵(無精卵)を子ザメの餌として与えたりして、体長1.2m、体重30kg程度になったら出産する。

 胎内にいるのは5-10匹の子ザメで、大型のサメであるシロワニやアオザメは子供同士で共食いするのに対して、ホホジロザメの子供は胎内では共食いはせず、生まれた後で共食いすることがある。ホホジロザメは普通は時速7kmで泳ぐが、最大で時速30kmで泳ぐことが出来て、通常の魚が時速1-2kmで泳ぐのに比べると圧倒的に速く泳ぐことが出来る。


37●おおまかにいうと4m以下のクジラはイルカと呼び、それ以上はクジラと呼ぶ。

 生物分類上は、イルカとクジラに差はなく、成体の体長でおよそ4mをクジラとイルカの境界と考えることが多い。近年の研究によればクジラは約5000万年前に現在のインド、パキスタン辺りから海に進出し、イルカやクジラに最も近い陸上生物は、カバ類であることがわかってきた。水分は、食料の魚類などから摂取するほか、脂肪を体内燃焼したときに生じる代謝水もある。海水を大量に摂取した場合、排尿が促進されて脱水症状に陥る点は人間と同じ。

 たいがいのクジラは、脳を半分づつ休憩させることによって寝ているが、マッコウクジラなどは、海上に浮かんで寝ている時もあり、船と接触することもある。地球の半分はいつも夜なので、この時間もどこかで、多くのクジラが海上で寝ていることになる。


36●アメリカの超音速偵察機: SR-71ブラックバードは、いつも燃料を漏らしながら飛んでいた。

 SR-71 通称"ブラックバード"は、1950年代(60年前!)に米国諜報機関CIA が写真偵察用に開発した機体を発展させたものであり、対空ミサイルによる撃墜を逃れるために、高高度をマッハ3以上(1秒間に1km進む!)で飛行し、機体外形と材質を工夫することでレーダーに捕捉される可能性を減少させた。

 資料によると、CIAが1960年にロッキード社に総額約1億ドルで5機発注したというので、1機=2000万ドル、当時1ドル360円として、72億円。当時の1万円は、現在の16.4倍の価値があったそうなので、72x16.4=1180億円。ということで今の感覚では1機1200億円ぐらいか。

 搭載カメラの解像度は高度24,000m(旅客機の2.4倍の巡航高度)の上空から地上の5cmの物を識別する能力があったとされる。

 実際はマッハ3.5以上の速度を出すことが出来た(空気が薄いので、元来スピードは出やすい)が、コックピット窓の強度の関係で、この速度が上限となった。超音速飛行状態を続けると表面温度が300℃、部分的に700℃になるために、機体の93%は軽くて熱に強いチタン合金で作製され、開発当初はチタンの加工技術が未熟だったので部品の歩留まりは10%程度だったとされる。つまり高価な金属チタンの9割はリサイクルされていた。燃料なし機体重量が約29トンで93%は約27トン。部品の歩留まりが10%とすると一機には270トンのチタン合金が原料として使用された計算になる。

 1950年代から1960年代にかけての冷戦下においては、ソ連はアメリカがチタンを使用することを防ぐために世界中のチタンを買い占めることを試みたが失敗した。また、当時発見されていたチタン鉱脈はほとんど東側諸国であったため、アメリカはニセの会社を設立し、アメリカへ密輸入していたとされる。

 高速飛行中、熱膨張によって機体全長が約30センチ伸びることから、機体外板にはあらかじめ数ミリの隙間が設けてあり、燃料シーリングの困難さから駐機中、飛行中も燃料が常時漏れ出していたという。実際、飛行中の写真でも両エンジンの内側に燃料が漏れている筋がはっきりと見える。この漏れだしは、燃料の気化によって機体表面の温度上昇を抑える役割もあったという。現役中は、日光による機体の温度上昇を抑えるため&機体の秘密を守るために駐機中は常に格納庫に収納され、燃料漏れ出しの関係もあってミッション直前になって燃料を充填していたという。

 機体構造上、フラップを設置していないので、着陸速度が速く、タイヤにはアルミ金属粉を混ぜて、タイヤが燃えないように熱を逃がす設計になっており、そのため、白く(銀色)見えるタイヤを装着し、着陸時にはドローグ・シュート(パラシュート)を使用して減速していた。

 機首の外縁に張り出しを設けることでレーダー反射を減少させるとともに、主翼前縁と後縁にノコギリ状の構造を設けてレーダー電波を吸収する効果を得ている。また、黒い塗装は、放熱性の向上を狙ったものだったが、開発中にレーダー吸収素材塗装が開発され、さらにレーダー反射を減少させた。

 パイロットは、宇宙空間に近い高高度を飛行するので、飛行中の急減圧に備えて、離陸前から純酸素を吸って体内の窒素ガスを抜き、宇宙服に近い飛行服(ハイプレッシャー・スーツ、この服は後のスペース・シャトルの打ち上げ時のオレンジ色の服(通称、パンプキンスーツ)の原形)を着用し、偵察任務開始後は、一切の交信を絶って偵察任務についていたとされる。また、任務中は、トイレに行けないので、パイロットはオムツをはいていた。また、本機の開発過程において、マッハ3で空中脱出出来る射出座席が開発され、この射出座席技術は初期のスペース・シャトル「コロンビア号」にも応用された。

 高速で長時間飛行するという性能目標上、機体構造はとても軽量化されて弱く、「宙返り出来ない、急旋回できない」ということ自体が国家秘密であった。また、機体の構造上、パイロットの視界はとても悪く、窓の大きさはヘルメット一個程度しかない。

 SR-71は有名な秘密基地エリア51で開発テストが行われた。エリア51基地は冷戦当時からソ連に知られており、一日3回程度、決まった時間にソ連の偵察衛星が上空を通るので、開発者たちは、偵察衛星通過時間前になると、開発中の機体の形状が分からないように倉庫に隠していたが、結果的には、夏の強い日射によって、滑走路上に機体部分の形状をした温度差がついており、偵察衛星の赤外線レーダーによって、SR-71の形はソ連にバレていたという。ジェット機の場合、後退翼の角度によって巡航速度が決まるので、戦闘機のシルエットが分かれば、何用の戦闘機か分かるという。

 SR-71に限らず、黒い米軍機は、極秘任務のために開発されるので、開発プロジェクト自体が秘密であり、議会に開発予算を請求するとプロジェクトが明らかになってしまう。よって、機体の開発にあたっては、軍がメーカーに「買うか分からないけれど、こんな性能の機体があればいいな」と提案して、メーカーに勝手に開発させてから購入するという手順を踏んでいたとされる。


35●企業の名前の由来

カルビー>終戦後、日本人に不足していたカルシウムとビタミンB1を補う菓子を製品化しようという意思の表れとして、「カルビー」と名づけた。

ロッテ>ゲーテの小説「若きウエルテルの悩み」で登場するヒロイン「シャルロッテ」の愛称「ロッテ」から。

東ハト>昔は鳩印東京製菓という社名であったが、時間の経過とともにお客にハトトウとかトウハトとか省略されるようになって、語感のいい東ハトに。

セメダイン>創業当時、日本市場を席巻していた英国製品「メンダイン」を駆逐する、締め出すという意味で「攻め(セメ)出せ、メンダイン=セメダイン」

ヤマト運輸(クロネコヤマト)>創業者が会社設立準備のために借りた部屋が、実姉の嫁ぎ先の新炭商「山登屋(やまとや)」だったから。

ユニクロ>Unique clothing warehouse(ユニークな衣料販売会社)を省略したもの。

ワコール>昔の社名「和江(わこう)」を永遠に留めるという意味で、「和江留(わこーる)」

ローソン>米国で牛乳を主体としたデイリーストアを創業したJ.J.ローソンにちなむ。

スターバックス>小説「白鯨」に登場する冷静沈着な一等航海士スターバックの名前から。

ダイハツ>元々は「発動機製造」という社名だったが、大阪にあったことから「大阪の発動機製造」→大発(だいはつ)という呼び方が定着した。

クボタ>創業者の「大手(おおで)」が、その後、「久保田」家の養子となってからクボタと名乗るようになった。

オムロン>京都に建てた工場が「御室(おむろ)(=京都の仁和寺周辺の地名)」という場所にあり、製品にOMURONと名づけたのがきっかけ。

ソニー>ソニーのパソコン VAIOのロゴマークはVAでアナログを、IOでデジタルを表現し、アナログとデジタルの融合を表現している。

アマゾン>アマゾンのロゴマークの”笑っているような口”の部分は、「AとZを結ぶ矢印」の意味もあり、AからZまで全てのものを扱うという意味もあるとされる。

出展>「有名企業 社名とマークの秘密」 学研、その他。


34●日本でモルモットと呼んでいる動物について。

 日本でモルモットと呼んでいる動物は英語ではguinea pig(ギニアピッグ、アフリカのギニア由来だから?)と呼ぶテンジクネズミを家畜化したもので、本来のモルモット(marmot)はマーモットと呼ばれるリス科の動物。


33●坂本竜馬が暗殺された現場。

グーグルマップで見る坂本竜馬が暗殺された現場(近江屋跡)(京都府京都市中京区下大阪町)

 ストリートビューで見えるサークルKの辺りに、醤油商の近江屋があったとされ、サークルKの入り口に記念碑が建っているのが見える。ちなみに、”坂本竜馬”というのは俗称、通り名で、本名は坂本直陰(さかもとなおかげ)さん。生前はほとんど無名で、死後、小説等によって有名になった人物らしい。ちなみに、小説「竜馬がゆく」を書いた”司馬遼太郎”も作家名(本名 福田定一)で、中国の歴史書「史記」を書いた司馬遷(しばせん)さんに由来し、「司馬遷に遙かに及ばず」という意味らしい。


32●ねえ、知ってる?、、カメレオンは強いショックを受けると真っ白になるんだって。。。

○カメムシは自分の出したニオイで失神する。○スイカは実よりタネのほうが栄養がある。○ナマコは全身筋肉。○ホタテには目が約80個ある。○金魚はもとはフナで最大59cm,3kgになる。

○プラチナ(白金)1グラムを得るには、数百メートルの地中(気温40-50度)から1トン(乗用車約1台分)の原土を取り出して加工する必要がある。

○うなぎが黒いのは、日焼けのしすぎだから。

○日本の朝日は、ブラジルの夕日。 ○イカには心臓が三つある。 ○オシドリの夫婦が仲がいいのは巣を作るまでで、毎年相手を変える。

○ペンギンは基本的に毎年同じ相手と子作りするが、相手が現れないと、他の相手と子作りする。

○フラミンゴは赤い母乳を出す。 ○コアラの盲腸は約2mあり、カンガルーもそうだが、ポケットがあるのはメスだけ。 ○ナマズは全身に味覚がある。

○マダガスカルのキツネザルは舌が二枚ある。 ○牛は一日100リットルよだれ出す。 ○歌のへたなカナリヤは一生独身。

○母乳は飲みはじめと飲み終わりで味が違う。 ○カメレオンは強いショックを受けると真っ白になる。

○ダチョウは脳が目玉よりも小さいから覚えたことをすぐに忘れる。 

○キスすると一秒間に2億個の細菌が行き来する。

○ゴキブリの脳は、お腹の中にある。

○ペンギンの口の中には、獲物を逃がさないようにノド方向に多数のトゲがある。

○サメは目が相対的に小さいから小目(さめ)という名前がついたらしい。 ○三葉虫は、内臓が頭部にある。

○ワオキツネザルはwao!キツネザルではなく、尻尾の模様から輪尾キツネザルという意味。

○淡水魚をいきなり、海に入れると死ぬし、海水魚をいきなり淡水に入れても死ぬ。うなぎ、シャケは数日で体調を整えてから、海水、淡水領域に入る。

○セミが鳴くのはオスがメスを呼び寄せるためで、アブラゼミの場合は、6年地中で暮らし、成虫になって1か月で死ぬ。


30●有名なアルバート・アインシュタインさんは、、

 父親は電気工事業を営んでおり、子供時代にもらった方位磁石で、磁針が常に北を向くのを”なにか見えない力が働いている”と感じて、ほぼ独学で物理学を勉強した。相対性理論その他は、特許庁勤務時代(1905年頃、第二次世界大戦前)の机の上において、理論的に導き出し、宇宙観測や実験をした上で作り上げたものではない。当時は若い無名の特許局員であり、大学教授になるコネはまったくなかったが、当時の大科学者マックス・プランクの支持を得たことから、その後、本人の希望とは関係なく、だんだん有名になっていった。

 1919年の皆既日食の際に、相対性理論の予言どおり、太陽の重力によって周辺の空間が歪んでいることが証明され、1921年に諸事情によって相対性理論ではなく、光電効果でノーベル賞を受賞した。しかし、当時、日本に招待旅行中だったので、ストックホルムでの授賞式に出席してノーベル賞をもらってはいない。最初の妻のミレーバとの離婚の条件は(その当時、ノーベル賞を取ることは確実視されていたので)ノーベル賞を取ってその賞金を譲るというもので、実際に受賞後に前妻と2人の息子のために賞金を譲った。

 当時の靴下はすぐに破れてしまうため嫌いで、常に靴を素足のまま履いていた。 睡眠時間は1日10時間だった。 非常に面倒くさがりで(髪がぼさぼさなのもその一つ)、洗濯用石鹸で顔を洗い、雑巾で顔を拭い、灰皿に食事を盛り付けるという行動もあった。お金には無欲であり、プリンストン高等研究院に招かれた時は”自分の生活には多すぎる”という理由で、相場の3分の1でいいと申告した。

 バイオリン演奏が趣味で、バイオリンと(一緒に競演するための)ピアノには唯一お金をかけた。学問的には孤独を愛し、教授となってから一人も博士を育てていない。また、考えに熱中すると、30分ぐらい考え込む事はしょっちゅうあったという。

 舌を出している有名な写真は、72歳の誕生日にカメラマンの「笑ってください」というリクエストに応えそうになってしまい、とっさにそれを隠そうとした表情を撮ったもので、実際には車内で他の2人と同時に撮影されたもので、アインシュタイン部分だけ切り出されたものが出回っている。

 しかしその写真は本人もお気に入りで、後に焼き増しを頼んだ。アインシュタインの遺言にしたがい、葬式は行われず、墓が巡礼の場所になることを嫌い、火葬された後は秘密の場所にまかれるとともに、一部は再婚相手エルザ・アインシュタインの墓に納められた。亡くなった病院長の依頼によって、相対性理論を生み出したアインシュタインの脳は、遺族の了解を得て取り出されて現在、保存されている。

 有名なE=mc2の式(エネルギー=質量x光速の二乗)という式では、(光速の二乗)という数値が膨大な数になり、この値は変化しないので、結果的に質量は膨大なエネルギーを有すると理解出来るが、アインシュタインが原爆の開発に直接関わったわけではなく、ドイツの科学者オットー・ハーンがウラニウムの核 分裂現象を発見したのが原爆開発のきっかけとされ、広島原爆では、質量1g分相当のエネルギーが開放された結果であると推察されている。


29●歴史上、これまでに月の上を歩いた人は12人、月まで行った人は24人。

40年前に月の上を歩いた人の順番と名前、及び指令船パイロットとして月面で待機した人>

1番目 船長 ニール・アームストロング 2番目 バズ・オルドリン  (アポロ11号) 指令船パイロット マイケル・コリンズ

3番目 船長 ピート・コンラッド 4番目 アラン・ビーン (アポロ12号) 指令船パイロット リチャード・ゴードン

5番目 船長 アラン・シェパード 6番目 エドガー・ミッチェル (アポロ14号) 指令船パイロット スチュアート・ローサ

7番目 船長 デビッド・スコット 8番目 ジェームズ・アーウィン (アポロ15号) 指令船パイロット アルフレッド・ウォーデン

9番目 船長 ジョン・ヤング 10番目 チャールズ・デューク (アポロ16号) 指令船パイロット ケン・マッティングリー

11番目 船長 ユージン・サーナン 12番目 ハリソン・シュミット(アポロ17号) 指令船パイロット ロン・エバンス

 注>アポロ13号は事故で途中で帰還。

アポロ8号 船長 フランク・ボーマン  パイロット ジム・ラベル パイロット ウイリアム・アンダース(人類で初めて、月に到達した人達、月の裏側を見た人達)

アポロ10号 船長 トーマス・スタッフォード パイロット ユージン・サーナン  指令船パイロット ジョン・ヤング

アポロ13号 船長 ジム・ラベル   パイロット フレッド・ヘイズ 指令船パイロット ジョン・スワイガート


○9番目に月面を歩いたジョン・ヤングは、アポロ10号で月を周回、16号で月面を歩き、スペース・シャトル初飛行(STS-1)、STS-9を含め合計6回も宇宙に出かけており、マッハ35という人類最高スピード記録を体験した人でギネスブックにも掲載されている。

○ピクサーアニメ映画「トイ・ストーリー」で主人公の一人としてバズ・ライトイヤーという宇宙飛行士が出てくるが、これは2番目に月面を歩いたバズ・オリドリンに由来している(本当の話)。ちなみに、「おもちゃのバズ・ライトイヤー」は2008年のスペースシャトルミッションSTS-126のクルーとして宇宙ステーションに行っており、”彼”の夢は実現された。

 アポロ計画では、3人一組で月に行ったが、一人は月の周回軌道上の指令船で待機して、月面からの帰還に備えていた。通常の船、飛行機では船長は一番最後に出るものだが、月着陸船では機体の構造上、部下が先に出ようとすると、狭い機内で船長をまたぐ格好になり、結果として船長が先に月面に出るようになった。ちなみに、初期の宇宙服は船長、パイロットの二人とも同じで、写真で区別がつかなかったので、アポロ計画中盤から船長の着る宇宙服には「赤いライン」がつけられた。

○スペース・シャトルは離陸後10分で高度150km程度の周回軌道に到達する(国際宇宙ステーションは高度約400km)のに対して、アポロ計画では月まで38万キロ(宇宙ステーションまでの距離の950倍)の距離を、自動車の後部座席ぐらいのスペースに大人3人が宇宙服で座ったまま、片道5日かけて行った。ちなみに、新幹線で行くとすると片道で約80日、ジェット旅客機で行くと約20日かかる距離だそう。

○宇宙飛行士は、NASAの職員。イコール公務員なので、宇宙行く時も「宇宙へ出張」となっていたらしい。その出張手当ては当時で1日3ドルだったらしい(今で言うと2000円ぐらい?)。また地球に帰還した際は、入国審査、及び税関の手続きも必要で、「出発地 ケネディ岬 到着地 月、申告荷物 月の石、ほこりのサンプル」という書類も残っている。


28●ゴリラは、、、、、哺乳類サル目ヒト科の動物。

 ゴリラは、正確には哺乳類サル目ヒト科チンパンジー亜科、人はヒト亜科ホモ・サピエンス。遺伝子的には人間と98%同じ。オスは体が大きいので木には登れず、妻子だけ樹上で暮らし、果物やセロリ、タケノコなどが好物。ゴリラという名前は古代ギリシャ語で毛深い人を意味するゴリライに由来。日本にはじめて来たのは昭和29年。


27●三葉虫は、、、、、頭の部分に内臓があり、歳をとるほど体の節が多くなる。

 約6億年前のカンブリア紀に発生し、約3億年前に絶滅したとされる三葉虫は、約3億年も地球上で繁栄していた生き物。外観上、頭に見える部分に、内臓一式が含まれており、複数ある足の部分には筋肉ぐらいしかなかったらしい。ちなみに海老の体もこういう作りになっている。三葉虫は生まれたばかりの姿は、まん丸で(頭部分だけ)、年をとるごとに体の足の節が増えていき、年寄りの三葉虫ほど体が細長く伸びていたらしい。

 ちなみに、柔らかい殻を持つ三葉虫の化石が大量に残っていて、最近の動物の骨は化石とならないのか。。。それは、3億年前に、何らかの原因によって、生物を分解する細菌でさえ全滅するような環境になったかららしい。


26●マイケル・ジャクソンの直筆サイン(証明書付き)と最近の相場。

 歌がうまくて、ダンサー以上に踊れて、曲も詩もかけて、コンサートのプロデュースも出来て、もともとハンサム(晩年は整形しすぎたが)で、生涯に500億円以上寄付して、、、マイケルジャクソンは不世出のスーパースターだと思い、DVDも数本持っていますが、直筆サインぐらいは持っておきたいと思いました。

 一説によると、マイケルジャクソンは歴史上、地球で一番有名だった人のようで、その他の候補、イエス・キリスト、ビル・ゲイツ、ヒトラー、ブッダ、ムハンマドは、アフリカ、南米の子供が知っているかというと???です。しかし、アフリカ、南米の子供たちもマイケルジャクソンは知っているみたいです。

 サインを買う前にいろいろ調べたのですが、ネット情報によると、有名人のサインはオートグラフと呼ぶそうで、自分で書いたもの、偽物、印刷、機械(オートペン)で書いたもの、代理人が書いたものがあるそうです。印刷か直筆かは紙の表面の状態で判別、機械が書いたものはかすれ、ハネがなく勢いがないのが特徴、代理人が書いたのは代理人の存在情報の確認、筆跡(手の寸法、筋肉による動かし方)の判定、明らかな偽物は書体が違う、線がぎこちないという点。

 ちなみに、ヤフーオークションでマイケルの直筆サインの今の相場は、30万円(サインをもらった際の証明写真付き)から8000円台。素人目に見て本物は2万円以上のものでしょうか。20万円台でも疑わしいのもありますが。今時、庶民で本物が買えるのは直筆サインぐらいでしょうか。


24●米国空母に戦闘機が着艦する時は、、、、

車輪よりも先に着艦フックが接地して機体を強制的に飛行甲板にたたきつけて止める。

 空母に戦闘機が着艦する時、多くの人は「空母に車輪が接地してから着艦フックがロープに引っかかって機体を止める」と思う。しかし、実際は逆で、着艦フックが先にロープに引っかかって、強制的に機体を数メートル上から空母甲板にたたきつけている。

 この理由は、先に車輪が接地すると飛行速度が急激に下がり、空母に数本接地してあるロープにフックがひっかからなかった場合、スピード不足で着陸のやりなおしが困難になって海上に不時着する可能性が高いからである。また、着陸するのだから、エンジンパワーも絞っているだろうと思うが、これも実際は逆で着艦直前はフルパワーにして「着艦のやりなおし」に備えている。

 着艦する時はパイロットに相当なマイナスのGがかかる(時速200kmから急ブレーキを踏むようなもの)及び、機体ごと数メートル飛行甲板に叩きつけられるので、これはそうとうカラダに悪いらしい。人間はプラスの重力加速度にはある程度耐えられるが、マイナスの重力加速度には弱い構造であり、原爆投下時には、強力な衝撃波によって、眼球が飛び出したり、内臓が腹を突き破って飛び出した方も相当いたらしい。

 ちなみに、航空機の発艦、着艦時には空母は全速力で風上に向けて航行することで、戦闘機の揚力を確保するとともに、救急ヘリが事前に空中待機して戦闘機が海上に不時着した際に直ちに救助できるようにしている。

 原子力空母については、動力が原子力なので、空母が就役中は、理論的には、いつでもフルパワーで航行出来るようになっており、食料の調達や、乗組員の休暇のために母港に立ち寄るようになっており、原子力で沸騰させたお湯でガスタービンエンジンを回しているので、空母乗員はシャワーでお湯は使い放題らしい。何十トンものジェット戦闘機が時速200kmで移動しているのを強制的に戦闘機のフックで停止させるので、「戦闘機の着艦フック」は軽量で特別な金属で作製されており、高度な技術が必要らしい。


23●ミッキーマウスをデザインしたのは、ウオルト・ディズニー氏ではなく、アニメーターのアブ・アイワークス(Ub lwerks)さん。

Wikipediaでミッキーマウスの項から以下引用>

 「ディズニーは飼いならしたネズミをよく研究し、彼が醜いと思っていた耳・口・足などを大きくしポイントを付け1927年にミッキーマウスを考案した」という一般的な伝説は、架空の話である。ディズニー自身は主としてプロデューサーであり、アニメーターではない。前述のオズワルドやポール・テリーの『クレージー・キャット』を元にアブ・アイワークスがデザインしたものである。

引用終わり>


22●ロシアで昔から人気のキャラクター 「チェブラーシカ」

 ロシア人ならみんな知っているキャラクター「チェブラーシカ」が今年日本で人気出そうです。まあ、ロシア版ミッキーマウスというところでしょうか。ロシア語で○○シカというのは、日本語で、「○○ちゃん」とう意味で、チェブラーシカは、「ばったり倒れ屋ちゃん」という意味。民芸品のマトリョーシカも、女の子の名前「マトリョーナ」に「ちゃん」をつけて「マトリョーナちゃん」という意味。

  TVアニメ「チェブラーシカ あれれ?」公式サイト

  映画「チェブラーシカ」公式サイト


21●忠臣蔵事件で討ち入りの現場となった吉良邸の場所。

グーグルマップで見る吉良邸跡(東京都墨田区両国本所松坂町公園)

 吉良上野介は江戸城呉服橋門内に屋敷を与えられていたが、刃傷事件後に当時としては新興住宅地である松坂町に屋敷替えになった。これは幕府が赤穂浪士たちが吉良を討ちにきた際に都心部で騒ぎを起こさないように配慮したためである。 ここは当時は淋しい所で、47人が討ち入っても「関わりを持ちたくない」と住民たちは知らぬ振りをしたという。


20●アメリカ製ではない、もうひとつのスペースシャトル

スペースシャトル関係は興味深いことが多いので、以下のサイトにまとめました。

>スペースシャトルの世界を楽しむ(用語、解説)サイト

ギガジン> 旧ソ連版スペースシャトル「ブラン」、野ざらしの今と華やかな過去の画像


19●歴史上の偉大な科学者は「結果として有名になった」。

○進化論で有名なチャールズ・ダーウィンは、生物学者ではなく、地質学者であり、測量航海の途中でガラパゴス島に寄った。ガラパゴス島の鳥を観察することによって、進化の着想を得たというのが一般的な説だが、それは後世のウソで、母親が趣味で飼っていた鳩が、短期間に、姿が変化するのを見ていて、生物の進化を着想したのが始まりという。

 晩年は航海の途中でかかった病気のせいで体調はかなり悪かった。死後は、有名な英国人としてニュートンの横に葬られている。ダーウインの先祖には、英国の陶磁器メーカーで有名なウェッジウッドの創業者がいる。

○アイザック・ニュートンは、生まれる前に実父を亡くし、3才からは祖母によって育てられた。学者を目指していたわけではなく、彼の才能に気づいた親類の援助で学校に入り、結果として大科学者になった。しかし、晩年は錬金術に凝って水銀?中毒となって精神に異常を来たした。

 「物を早く投げると遠くに落ちる」という現象から、「物をすごく早く投げると地球を一周して、地上には落ちない」=現代の人工衛星の理論を、西暦1600年代に考えて著作に記しており、人類初の人工衛星「スプートニク」が実現したのは、ニュートンの死後約300年後だった。

○トーマス・エジソンは小学校に3ヶ月行っただけで退学させられ、母の教育とその後の自己努力で発明家になった。住んでいた街はオレンジ郡という名称だったが、死後、エジソンを記念してエジソン郡という名前に変更された。

 若かったヘンリー・フォードはエジソンの会社に入り、そこで働いたお金を元にして後に自動車王(自動車メーカー>フォード)になった。晩年、エジソンはオカルト系にはまり、霊界との通信機の研究をしていたという。航空機ジェットエンジンなどで有名なG.E.(ゼネラル・エレクトリック)は、エジソンの作った会社が元になっている。

○アルバート・アインシュタインは5才ぐらいまで言葉がうまくしゃべれなかった。大学卒業時に学部長とソリがあわなくて助手になれず、知人の父のつてで特許庁に就職し、特許庁時代のヒマな時に有名な三大論文を発表した。

 つまり、相対性理論などは実験もせず、頭の中だけで考え出した。(有名になったあとでも)数式をよく間違え、記者に指摘されると「教科書に書いてあるのに、なぜ覚える必要があるのか」と答えたという。アインシュタインは生涯に260本の論文を書いていたが、メジャーな論文以外は、ほとんど引用されていない。また、教授は弟子を育ててナンボの世界であるが、アインシュタインは教育には関心がなく、直接の弟子はいなかったという。

○レオナルド・ダ・ビンチ( ビンチ村のレオナルドという意味 )は技術者として召抱えられるまでのアルバイトとして絵を描いていた(現存する絵は17点)。ピンホールカメラは西暦1000年頃に発明されていたが、白黒写真の発明は1826年であり、ダビンチの生きた1500年頃は、当然、写真もなく「現在の写真に相当するもの」として注文主の求めに応じて肖像画、宗教画が描かれていた。しかも、左利きだったので、モナリザを含む絵はすべて左手で描いた。

 左利きであったことは、スケッチの陰影線の方向を見ると分かる。キリスト教関係の絵で有名であるにもかかわらず、レオナルドはキリスト教徒ではなかったという説もある。レオナルドは写実を追及するために、遺○体安置所に通って遺○体を解剖して熱心にスケッチしていたとされ、(昔どこかの本で読んだが)解剖医が見ると作品の登場人物の表情などに遺○体特有の特徴が現れているという。

 レオナルドの作品を怖く感じるのは、こういう点を無意識に感じているかもしれない。有名な「モナリザ(マダム=リサ・ジョコンダ)」のモデルはジョコンダ夫人であることが最近確定したらしく、何らかの事情によってレオナルドは生涯手放さず、晩年はイタリアからフランスに移住したために、現在、モナリザはフランスのルーブル美術館にある。しかし、それ以前は、貴族のお風呂場に飾ってあった時期もあるらしい。モナリザの絵は、実物は小さい(A2用紙ぐらい)が、「服の模様の重なり具合」も細かく、正確に描いており、当時は顔料から自分で作っていた。


18●有名人の身長

アメリカ大統領>エイブラハム・リンカーン:193cm  ジェラルド・フォード:183cm ジミ―・カーター:176cm

ドナルド・レーガン:185cm  ジョージ・H・W・ブッシュ:188cm  ビル・クリントン:188cm

ハリウッド俳優>トム・クルーズ:168cm  ベン・アフレック:188cm  ジュード・ロウ:178cm

マット・デイモン:177cm  ニコラス・ケイジ:188cm ハリソン・フォード:183cm

ジム・キャリー:188cm  キアヌ・リーブス:185cm  ジョニー・デップ:176cm

レオナルド・ディカプリオ:183cm  シルベスタ・スタローン:170cm  クリント・イーストウッド:193cm

エディー・マーフィー:173cm  トム・ハンクス:188cm  ウィル・スミス:193cm

トミー・リー・ジョーンズ:190cm  ブラッド・ピット:183cm  ジャン・レノ:187cm

おまけ>西郷隆盛185cm   大久保利通183cm  坂本竜馬 180cm


17●アルプスの少女ハイジ(5-9歳)の本名は、アーデルハイド

 アルプスの少女ハイジ(5-9歳)の本名は、アーデルハイド:Adelheid、ハイドの所を可愛らしくハイディ(ハイジ)と呼んでいる。1880年頃に出版され、原題は『Heidis Lehr- und Wanderjahre』(ハイジの修行時代と遍歴時代)及び『Heidi kann brauchen, was es gelernt hat』(ハイジは習ったことを使うことができる)というもので、この題名はゲーテの著作からヒントを得ている。

 ただし、最近では1830年ごろに出版された別の作家の「アルプスの少女アデレード」が下敷きとなっている(パクリ?)ことが判明している。そういわれると、アデレード(Adelaide)もアーデルハイド(Adelheid)もよく似ている。アニメでは「ユキちゃん」という子ヤギが出てくるが、これは原作では「雪」という名前の子ヤギであるためであり、和風の名前をつけた訳ではないそう。

 タレントのベッキーの本名はレベッカ。レベッカという名前は旧約聖書にも登場し、うっとりさせる者、魅惑する者という意味があり、愛称はたいがいベッキー。

 フランケンシュタインとは、怪物(一般にはこの怪物をフランケンシュタインと呼ぶ)を作った学生(博士ではない)の名前であり、学生は怪物には名前はつけなかった。ちなみに、小説「フランケンシュタイン」を創作したのは、当時21歳の主婦。


15●最近のエアバス社の旅客機は、コックピットに操縦桿はない。

 以下のサイトでは、最近話題の2階建て旅客機のA380の操縦席が360度で自由に見ることができる。エアバス社ではA320から操縦桿が廃止され、ジョイスティックが設置されている。このジョイスティックは実際には、ほとんど動かず、圧力を感知して、コンピュータ経由でフラップ類を駆動するようになっている。ちなみに、機長席(左側)の窓には戦闘機のようなHUD(ヘッドアップディスプレー)が装備されているのが見える。他の航空機でいうと、F15、F18は操縦桿、F16とF2、スペースシャトルはジョイスティックを採用している。

エアバス社のサイト>A380のコックピット


13●インド タージ・マハル>

 西暦1632年にインドのムガール帝国シャー・ジャハーン皇帝が、愛妃ムムターズ・マハル(宮廷の選ばれし者という意味で、嫁ぐ際に先帝から贈られた名前)の死を悼んで建設を開始した霊廟。ペルシャ、アラブ、ヨーロッパから2万人の職人を集め、22年かけて建造した。

 総大理石製で、28種類の宝石・鉱石が象嵌(硬い石を一つ一つ、特定の形にくり抜いたということ)ではめ込まれている。建造当時はタージ・マハルと川を挟んだ対岸に、自分用の似たような黒い大理石製の霊廟を作り、川に橋をかける計画だったが、白いタージ・マハルに巨額の費用がかかったために帝国が財政難になり、その後、皇帝は息子に幽閉され、黒いタージ・マハルが作られることはなかった。しかし、衛星写真によると、川の対岸に作りかけた黒いタージ・マハルの跡を今も見ることができる。

 皇帝の死後、マハル妃の棺の横に皇帝の棺が安置された。地上にある棺は偽棺で、本物の棺は地下に収められている。ジャハーンが15才の時、12才のムムターズを王城内のバザールでみそめて、5年後に結婚。ムムターズは14人の子供を出産し、36才で産褥熱によって、この世を去ったという。ムガール帝国は、モンゴル人系のトルコ系イスラム王朝で、ムガールとはモンゴルを意味している。古代インドは「死者は49日後に生まれ変わる」という輪廻思想の影響で、墓を作る習慣はなかったが、イスラム化したあたりから、霊廟が造られるようになった。

グーグルマップで見る>タージ・マハル


11●「戦艦大和」が現役だったのはたった4年。「戦艦武蔵」が現役だったのはたった2年。

 戦艦大和が就役したのは1941年12月、鹿児島沖で沈んだのは1945年4月で実質4年程度しか働けなかった。

 建造には4年、建造費は当時のお金で2億円(現在の貨幣価値にすると1000億円)、当時の国家予算の3%、現在の価値の国家予算に換算すると約2兆円(今でいう2兆円つぎ込んだという感覚)かかり、戦艦としてはめずらしく、冷暖房完備、エレベータ付きであり、乗員3000人の食料を1か月分貯蔵できる冷蔵・冷凍庫をゆうしており、滅多に出航することは無かったので当時は「大和ホテル」とも呼ばれていた。当時は、建造費から新型艦の大きさが予想することが出来たので、海軍は敵から大和の建造規模を隠すために「新型艦+駆逐艦3隻+潜水艦1隻」として大蔵省に予算要求していた。

 第二次世界大戦中、日本の庶民は戦艦大和の存在自体、知る人が少なかった。これは、当時、大和が最高秘密の戦艦だったので、庶民に知らせる必要はなかったことによる。どれぐらい秘密かというと、船の命名式の会場においても、会場後部の人には船名が聞こえないぐらいに小声で発表されたほどである。

 戦艦大和が米軍航空機から攻撃された時、自慢の46cm砲は砲弾発射後に大量の煙幕が大和周辺に漂って、周囲の飛行機用の機関砲が打てなくなり、反動によって船が揺れることから、結果的には1分間に1発しか打つことができずに使用できなかった。

 大和が沈没した事実は、戦争継続の士気に関わるので終戦(1945年8月15日)後まで秘匿され、乗員2400人のうち、救助された276人は佐世保港近くの小島などで軟禁生活を強いられた。ちなみに、有賀艦長(当時49才)は大和沈没に際して羅針盤にしがみついて艦と運命を共にした。一方、戦艦武蔵は沈没において2400人の乗員のうち、1376人が救助されたが、その後、フィリピンの市街戦に回されたり、輸送船が撃沈されたりで大半が亡くなった。

<大和は46センチ、45口径砲を積むために設計された船である>

「直径46センチ」というのは、「ちょっと大き目の椅子の座る所ぐらい」の大きさである。

 なぜ、46センチかというと、当時、アメリカ、イギリスの軍艦は40センチ砲程度の軍艦しかパナマ運河、スエズ運河を通行できないと考えていたからであり、大きな砲弾(=重い)は、的中時の爆発威力が大きい、また口径が大きいと長距離まで砲弾が飛ぶので、敵艦よりも射程が長いと、理屈の上では「戦う前に勝負がつく」からである。

 「46センチ砲の弾丸」の重さは1.46トン、長さは約2m、打ち出すのに必要な火薬は3.3トン、弾丸は時速2800kmで発射され、約90秒で約42km先に着弾した。今の感覚でいうと、車のレクサスを42km飛ばすということに相当する。

(後述するように実際には砲弾はほとんど敵艦に当たらなかったので)打ち出された弾丸は、水面に接触すると、弾頭上部の覆いが取れて、水中を魚雷のように走る仕組みで命中する確率を高めていた。

 射程40kmというのは、横浜から東京駅を狙えるということになるが、当時、巨大戦艦と呼ばれた大和でも全長250m(東京駅と同じ程度の長さ、ちなみに新幹線16両編成は全長400m)であるので、横浜から狙って、うまく東京駅以下の大きさの戦艦に着弾出来たかどうかはナゾである。

 ちなみに、第二次世界大戦中に、日本と米国連合軍の巡洋艦同士が実際に砲弾を打ち合った際には、お互いが見える範囲にありながら、1000発撃って1発命中するという程度(命中確率0.1%)の命中精度であった。そのため、実際には大和に積まれている水上飛行機が弾の着弾地点を見に行って、それで砲身の向きを調整していた。

 大和には46センチ砲が9門装備されており、大砲をまったく同時に撃つと、お互いの衝撃波が干渉して、砲撃のパワーが著しく減衰するので、実際には何秒かずらして射撃していた。ただ、実際には、数発撃つと発射に際して物凄い煙(火薬の燃焼ガス)が発生し、戦艦大和の周りに煙幕が出来て、すぐには次の弾が撃てなかった。

 また、艦砲射撃の際に砲身にかかる負担は凄まじく、砲身は200発発射したら交換が必要となる上、200発も撃たないうちに砲身の中のライフリング(らせん状のミゾ)が磨耗して、命中精度がますます低下したらしい。

 砲身(筒の部分)は、45口径、つまり、46センチx45=約20mあり、これは新幹線の客車(25m)よりちょっと短い程度であるが、砲身1つで165トンあった。ジャンボジェットB747-100の重量が170トン(燃料含まず)であるので、砲身一つでジャンボ一機分の重量がある。ちなみに最近の旅客機は金属製であるが、紙で作る方が重量が重くなるぐらい軽量化されているそう。

<戦艦なので、装甲も半端ではない>

 単に全長250m、約7万トンの巨大な船というだけではなく、「戦う船」であるために長い航続距離(7200海里、約13000km、地球一周が約4万kmであるので約4分の1は行ける)、早い速力(最高時速、27ノット(時速50km)、防御面でも考慮されている。敵の弾丸を貫通させないために最大で41センチ(A3用紙の幅)の特殊甲板が使用されていた。戦艦は英語ではバトルシップといい、現在では米国でも戦艦は有しておらず、駆逐艦(英語ではデストロイヤー)が、その代りを務めている。


参考文献>

1.「戦艦大和」日記を読む、バウンダリー2006年5月号]

2.「歴史群像 太平洋戦史シリーズ 大和型戦艦」 学研

> 主砲の発射手順とかが詳しい

3.「戦艦大和の時代」 ダイアプレス

> 戦艦大和での生活を知りたいならお勧め

4.「戦艦大和 超精密CGで見る最強の戦艦のすべて」 双葉社

> 大和の構造を見るならお勧め

5.「戦艦大和 99の謎」 二見書房

> 大和の雑学を知るなら


11●著名な漫画の主人公の年齢>

「美味しんぼ」 山岡士郎27歳  「課長 島耕作」  島耕作34歳で課長に昇進

「サザエさん」 マスオさん28歳  サザエさん24歳  「ルパン三世」 ルパン三世20-25歳  銭形警部29歳

「ブラックジャック」 ブラックジャック30歳前後  「ゴルゴ13」 デューク東郷28-32歳くらい

「機動戦士ガンダム」 シャア・アズナブル20歳  「Dr.スランプ アラレちゃん」 則巻千兵衛28歳

「巨人の星」 星一徹33歳  「こちら葛飾区亀有公園前派出所」 両津勘吉35歳

「天才バカボン」 バカボンのパパ41歳


10●織田信長

香投げつけ事件現場>

 父、信秀が死去し、万松寺で法事が行われたに、信長が、香をつかんで、父の位牌に投げ付けて帰ったエピソードは有名だが、現在の万松寺は別の場所にある。 グーグルマップで見る「昔、万松寺があった所」>現在は桜天神社

家老、平手正秀の屋敷跡>

 家老の平手政秀は、バカ殿状態の信長にたびたび諌言したが聞き入れられず、抗議の意味で自害した。その後、信長は政秀の死を悼んでこれまでの行いを改め、天下統一を目指したと言われている。平手政秀の屋敷跡は、現在「平手町」として存在し、公園内に石碑が建っている。 グーグルマップで見る平手政秀の屋敷跡(石碑がある)>現在は平手町の志賀公園内。

子供の名前の付け方>

 信長は、当時から変わった人、いわゆる傾き者(かぶきもの)であったことで有名であるが、子供の名前のつけかたも変わっていた。長男、信忠の幼名(本名?)は、「奇妙」、二男、信雄の幼名は「茶筅(ちゃせん)」、三男、信孝の幼名は「三七」。また、九男、信貞の幼名は「人」。側室「お鍋の方」との子供は「杓(しゃく)」。といういい加減な名前をつける人であった。ちなみに、信長には24人の兄弟、及び24人の子供がいた。

昔の本能寺(本能寺跡)>

 本能寺といえば「本能寺の変」で織田信長の最後の場所として有名だが、現在の本能寺は昔と違う場所にある。現在は「元本能寺町」という地名。グーグルマップ(「本能寺が昔あった場所(本能寺跡))。今見ると、タダの町並であるが、画面中央部あたりが本能寺があった所。


9●パンダ(ジャイアント・パンダ)

 パンダという名前は、ネパール語で「竹を食べるもの」という意味から来たという説があり、もともとはジャイアントパンダよりも先に発見されていたレッサーパンダについていた名前だった。しかし、その後、ジャイアントパンダが発見されたのでレッサー・パンダ(小さい方のパンダ)という名前になった。

 レッサーパンダはネコ目レッサーパンダ科に属し、ネコ目クマ科ジャイアントパンダに属するジャイアントパンダとは進化の系統が異なる。パンダという名前は、日本や英語圏での呼び名で、地元の中国では「熊猫(シェン・マオ)」と呼ばれる。1869年3月11日に、フランス人宣教師が中国四川省にてパンダの毛皮を見たのが「発見」ということになっており、3月11日は「パンダ発見の日」となっている。

 2500万年以上前に現れた、パンダの最初の祖先といわれる「シバナズア」は雑食だった。その後、さまざまな祖先が現れたが、生存競争を生き抜いたのは山奥で竹の葉や笹を食べていた種類だったらしい。長年、固い竹を食べ続けるうちに、5本指の他に、竹を持ちやすいように手のひらにさらに2本の指上の突起が出来たほか、アゴの筋肉が発達し、現在のような丸顔になったとされる。

 もともとが肉食動物であることから、竹を食べても栄養摂取の効率が低く、それを量で補うために1日の大半を竹を食べることに費やしている。一日に10-30キロ以上食べるが、約80%は消化されない。そのため、一日のうち13時間は寝て、2時間ぐらいは遊び、残りの9時間は食事をしている。そして食べた10時間後には竹が未消化で排泄されるため、歩きながらでもフンをしている。

 野生のパンダの場合、1時間に平均3個、一日で約20kgのウンチをして、竹は消化が悪いために、ほぼ未消化の状態で出てくる。パンダは一日に大量の水を飲むらしく、これはお腹で竹をふやかすことによって栄養の摂取を効率化していると考えられている。ちなみに一日の食費は1万円強、日本では年5000万円~8000万円を払って中国から借りている。

10種類ぐらいの鳴き声があり、起こった時には「ワン」と鳴き、発情期には「メエー、メエー」と羊のように鳴くこともある。

 寿命は飼育下では30年以上にもなるが、野生では20年前後。行動範囲は5キロほどで縄張りは持たない。木登りは得意だが、下りるのは苦手でよく落ちる。1936年ごろ中国から米国に子パンダを連れて帰った際、その可愛さがきっかけとなって、以後、欧米で動物保護の機運が高まったとされる。

 パンダは「白地に黒」や「黒地に白」という構成ではなく、白毛をそるとピンク色の皮膚、黒毛をそると黒い皮膚になっている。なぜ白黒模様かという疑問には、竹林では白黒模様は目立つために仲間を認識しやすいからとか、野生パンダは寒い高地に住んでいるので、手足、耳などの冷えやすい所は黒にして体温保持を図るためとの説もある。ちなみに眼の周りが黒いからタレ目に見えるだけで、実際は少しツリ目の鋭い目つきをしている。

ちなみに、シロクマは黒い皮膚に中空の透明な毛が生えている。


8●三蔵法師、西遊記、大仏ロード

 三蔵法師(さんぞうほうし)とは、仏教の経蔵・律蔵・論蔵の三蔵に精通した僧侶(法師)のことで、有名な玄奘三蔵法師の他に、古代インドから何人も三蔵法師と呼ばれる人はいた。

 中国の僧 玄奘が27歳の時に天竺(てんじく、今のインド)に仏教の原典を求めに行ったのは、ブッダの時代から1200年後(西暦629年頃)であり、帰国した後に三蔵法師と呼ばれるようになった。玄奘は唐王朝に出国の許可を求めていたが、許可されず密出国した。当時は密出国の僧侶が発見されたら捕らえて本国に帰すように行く先々に指令が出ていたので、昼は隠れ、夜に行動するという旅だった。

史実によると玄奘は、

行きのコース> 長安(西安)→敦煌→高昌(トルファン)→タクラマカン砂漠→天山山脈→パミール高原→ガンダーラ→ナーランダ(パキスタン辺り、ナーランダ大学、ナーランダ僧院、ナーランダー僧院で学ぶ)→インドの海岸部を回って天竺(今のデリーあたり?)

帰りのコース> 天竺→ガンダーラ→崑崙山脈→敦煌→長安(西安)


を17年かけて修行をつみながら、24カ国を巡り、数十種類の言語を習得し、歩いた距離は約2万キロメートル、地球半周の距離に相当する過酷な旅だった。ただし、その頃、インドでは仏教が廃れており、三蔵法師が見たのは廃墟であったが、当時存在した仏教大学(ナーランダ大学)で数年過ごした。帰路は、途中で調達した仲間とともに657部のお経を20頭の馬で持って帰ってきた。

 「西遊記」は約400年前(西暦1600年頃、玄奘から1000年後)に中国明時代に完成した物語で、玄奘が16年かかって天竺にお経を学びに行って帰って来た際の記述「大唐西域記」をヒントに書かれた。ちなみに「大唐西域記」は、帰国した玄奘がお経の出版を皇帝に願い出た時に、西域の詳細な情報を提出するよう命じられて(本業とは関係ないので)イヤイヤながら作製したとされる。

 玄奘は死の直前まで著作活動を続け、62歳で生涯を閉じ、葬儀には数百万人が参加したという。玄奘は、西安郊外のお寺に葬られたが、遺骨(頭骨)は宋時代に南京に移されて太平天国の乱中に行方不明になったが、戦時中、南京を占領していた日本軍によって偶然発見され、現在、頭骨は南京の玄武山に、頭骨の一部は、日本のさいたま市岩槻区慈恩寺の玄奘塔内、及び京都の法隆寺にも一部が分骨されて保管されている。ちなみに、名古屋の日泰寺には、タイ国から贈られたシャカの遺骨がまつられている。

 孫悟空(そんごくう)は「猿の悟空」という意味。猪八戒(ちょはっかい)の名前は八戒。沙悟浄(さごじょう)の名前は悟浄。たしかに、ドラマでも三蔵法師は、ソンゴクウとは呼ばずにゴクウ!と呼んでいる。

 沙悟浄は「流沙河(りゅうさが)」という所にいた妖怪だったため、250年前に日本で翻訳された時に、江戸期の日本人が「河にいる妖怪=カッパ」と誤解したらしい。 沙悟浄の沙は砂漠を意味しており、砂漠の悟浄という意味である。悟浄は過去に9回、三蔵法師を食べたそうで、三蔵法師が10回生まれ変わって旅に出たときの出会いでお供に加わった。過去の西遊記(日本テレビ版)の悟浄は、ガイコツのネックレスをしていたが、あれは過去に食べた三蔵法師のガイコツのことらしい。

 西遊記に出てくる豚のような妖怪 猪八戒は、三蔵法師に出会う前に観音様の弟子となって猪 悟能(ちょ ごのう)という名前をもらい、三蔵法師を待つように言われていた。その後、「仏の嫌う8つの忌み物(大きなにんにく、小さなにんにく、ねぎ、玉ねぎ、にら、鳥の雁、犬、やつめうなぎ)」を食べるのを絶って待っていたことから三蔵法師によって、猪八戒(ちょ はっかい)という名前をもらった。

 一方、孫悟空は、釈迦の10人の弟子の一人須菩提(しゅぼだい)仙人から孫悟空(そん ごくう)という名前をもらい、沙悟浄(さ ごじょう)は菩薩から、仏の弟子になった際に悟浄(ごじょう)という名前をもらった。これで気づくのは皆、「悟」という名前が含まれることである。猪八戒、沙悟浄の「悟」の由来は不明であるが、孫悟空の「悟」は仙人が弟子に名前をつける際に、「広大知恵 真如性海 穎悟円覚」の漢字の順で名前をつけていた際にちょうど「悟」の順番に当たっていたから。

 ちなみに、三蔵法師が旅の途中で見たとされる「バーミヤンの大仏」の情報が、その後、中国で大仏建立ブーム(楽山大仏等々)となり、それが日本に伝来して奈良の大仏が建立されたとされ、これはシルクロードにならって大仏ロードと呼ばれているらしい。つまり、三蔵法師(玄奘)がいなければ、奈良の大仏も無かったことになる。


7●クレオパトラ Kleopatra 紀元前69-30)

  古代エジプト王国 プトレマイオス王朝最後の女王。「クレオパトラ(ギリシャ語で「父の栄光」という意味)」という名前の女王は7人いて、絶世の美人といわれて映画でよく出てくる人は、最後の女王「クレオパトラ7世」のこと。エジプトがアレキサンダー大王に征服された後、アレキサンダー大王の部下のプトレマイオスがエジプトで開いた王朝(プトレマイオス王朝)の子孫であるから、クレオパトラは、人種的にはエジプト人ではなくギリシャ人に属していた。

 古代ローマ帝国の英雄シーザー(カエサルと呼ぶこともある)や部下のアントニウスと結ばれる話が出てくるのも、その頃、エジプトは古代ローマ帝国の属国となっていたから。シーザーとの間に1人、アントニウスとの間に3人の子供をもうけている。 クレオパトラはコブラに胸を噛ませて自害するシーンがあるが、あればコブラが王家の守護神であるからということを最近知った。資料によると享年40歳。(この時、地球の人口は約3億人。現在は66億人)ちなみに、明治時代の日本人男性の平均寿命が44才であることを考えると2000年前の40歳というのは長生きした方かも。


6●メガロドン

 メガロドンは約200万年前に絶滅したと考えられている超大型のサメ。体長は10-20mで、「ジョーズ」で知られるホオジロザメが通常、3-6mであるので、長さにして3倍、体積にして27倍程度の大きさ。クジラが大量にいた時代に、クジラをエサにするためにサメが大型化したとされ、口を開けた時は約2mの物を飲み込む事が出来た。一般の大型路線バスの全長は11m、横幅2.5mなので、子供のメガロドンが、大型路線バス並みの大きさだった。

 ちなみに、映画「ジョーズ」に登場したサメは体長8mという設定だった。「ジョーズ(日本語の意味は、アゴ)」で使用されたサメの模型を、当時、スタッフが「ブルース」と呼んでおり、これは、後のアニメ映画「ファインディング・ニモ」に登場するホオジロザメの名前「ブルース」の語源となっている。

 サメ映画において、噛み付く時に、眼が白目になっているシーンがあるが、これはサメの生態にもとづいており、噛みつく時に目玉を内側に回して白目にし、噛みついた相手が暴れても眼を傷つけないように防御していると考えられている。また、サメは食べたものが消化できないと思うと、胃袋を口から出して、内容物を吐き出すことが知られている。


5●ヒミコ、ヤマタイ国

 ヒミコは漢字で書くと「卑弥呼」。これは昔、大国だった中国地域(まあ、世界4大文明で唯一、現在まで続いている地域ですから。。。)が日本を格下に見て「卑しい巫女」という意味で魏志倭人伝に記述したらしく、日本に「何かしらの女王」がいたという意味らしい。よって、その女性が「卑弥呼」という名前ではなかったらしい。ヤマタイ国も漢字で書くと「邪馬台国」。

ここにも「邪悪の邪」の漢字が入っている。よって、当時の日本人が自分の国の名前を「ヤマト」といった際に、ヤマタイと聞こえて、「邪馬台国」と勝手に記述したのかも。自分の名前、役職に「卑しい」をつけるのも、国の名前に「邪」が入っているのも何か変だと思っていたが、少し納得。「魏志倭人伝」というのは、有名な「三国志」の中の一節のことで、曹操で有名な魏国の歴史に倭人として日本が紹介されている。


4●スペース・シャトル

スペースシャトル関係は興味深いことが多いので、以下のサイトにまとめました。


3●スペースシャトルの名前、建造の経緯

スペースシャトル関係は興味深いことが多いので、以下のサイトにまとめました。


1-1 ●飛行機の値段

 自衛隊の現役主力戦闘F-15の値段は一機150億円、自衛隊の次期主力戦闘機と噂されるF-22ラプターの価格は一機250億円

 最新の旅客機、B-787は一機170億円。最近の日本の主力旅客機であるB-777-200は一機200億円。

 ただし、双発機の場合、エンジン二つでは整備の関係で、年中、運行することは出来ず、予備のエンジンをもう二つ程、所有している必要がある。よって、実際はエンジンは買わずに、エンジンだけレンタル(使用した時間だけ料金を払い、常に新品を使用する)という使い方になっている。また、旅客機自体もレンタル(正確にはリース)されており、最新のB737-800型の場合、賃料は月3000万円程度らしい。


2●米国大統領専用機「エアフォース・ワン」

 一般に、「エアフォース・ワン」と言った場合、「青い塗装のボーイング747ジャンボ」を指すことが多いが、これは誤解でアメリカ空軍の航空機に大統領が搭乗すればその搭乗機のコールサインが「エアフォース・ワン」となり、青いジャンボに大統領が乗っていない時はエアフォース・ワンとは呼ばない。また、副大統領が搭乗した場合のコールサインは「エアフォース・ツー」になる。大統領が移動する時は、同じ塗装の飛行機2機が、30分間隔で運行し、どっちの機体に大統領が乗っているか分からないようにしている。海外展開時は2機体制だが国内での運用では1機の場合もある。

 ジャンボ型のエアフォース・ワン2機の開発費は、6億5000万ドルと言われており、開発した1980年当時は1ドル210円だったので、当時の値段で1機=680億円程度、今の物価からいうと1機=900億円ぐらいか。

 墜落に耐えられる特別なポッドを装備するとともに、操縦機器類は、核爆発による異常誘起電流の発生に備えて、通常のシリコン・チップと銅線に代わり、(30年前にも関わらず)、ガリウムひ素チップと光ファイバーを使用しているとされ、複雑な光配線のために就役が数年遅れた。

 エアフォース・ワンの飛行中は、護衛に備えて、近くの米軍基地で戦闘機がスクランブル発進出来るように待機している。また洋上では墜落、不時着水に備えてHC-130(ハーキュリーズ=ヘラクレスという意味)が空域を分担して空中待機しているとされる。また、空中給油設備がついており、給油ありで3日間の連続飛行が可能らしい。ジェットエンジンの連続運転の関係で3日に制限されている。ちなみに、日本の政府専用機は、北海道に駐在し、要人を運ぶ時だけ東京に飛来し、その後、北海道の基地に戻る。また、スムース&安全に要人を運送するために、事前に相手国の空港に練習飛行をしている。


1●映画のタイトルの意味

有名な映画のタイトルと意味>ターミネーター→「何かを終わらせる人」、ロビンフッド→フードを被ったロビン、フォレストガンプ→のろまなフォレスト、ライトスタッフ→適正な資質、グリンチ→興をそぐ人、グラディエーター→剣闘士。ロード・オブ・ウォー→戦争の主人、トゥームレイダー→墓荒らし、ダイハード→不死身、ロード・オブ・ザ・リング→その指輪の持ち主。

KUSUMOTO旅客機版【エアバス機関係】

 ここに記述した情報は、素人がフライト・シミュレータで遊ぶために調べて記したメモであり、本物のデータとは異なります。徐々に充実させます。 KUSUMOTO旅客機版おすすめ本リスト編(linkhouseki2)   KUSUMOTO旅客機版リンク集(linkhouseki3) KU...